40代では、皮膚が乾燥しやすく、肌荒れなどにもなりやすいため、保湿をしっかりと…

40代の女性

保湿に優れた成分などが配合されているものなどを使うのも、40代の化粧品としては重要…

更年期に入るころには、体力などの衰え、また、体の機能の低下などを実感する時期でもあります。

そのため、体調不良などになることも多く、また、生活習慣の乱れや食生活の乱れなどにより、若い時期に比べ、40代では肌が乾燥しやすかったりする傾向もあります。


更年期では、動悸や息切れ、多量の汗をかいてしまったり、体が急にほてってしまうことなどもあります。

また、ホルモンバランスなどが乱れやすいのも更年期の特長といえるでしょう。


そのため、40代の時期で注意したいのは、生活習慣の乱れを正すことです。

生活習慣が乱れていると、自律神経やホルモンバランスが乱れることになり、更年期障害などが起きやすくなるため、できるだけ改善していきましょう。


また、更年期の時期では、仕事などでも状況によっては責任のある仕事を任されていることも考えられます。

そのため疲労やストレスなどが溜まりやすい職場環境や状況の方もいるでしょう。

ストレスが溜まるということは、これも自律神経やホルモンバランスの乱れの原因になることもあるため、日頃から、疲労やストレスを軽減していけるように、生活環境の改善なども必要な場合があります。


40代になると、若い頃のように、無茶なことはできません。

仕事などがきつくても若さで押し切ることもなかなか難しいでしょう。

自分の体の状態にあわせて、仕事や私生活において生活リズムを整えていき、疲労やストレスなどをうまく軽減、緩和していくことも、更年期の時期には大切なことです。


また、40代では、肌ケアをしていくことも重要です。

皮膚が乾燥しやすく、肌荒れなどにもなりやすいため、保湿をしっかりと行いましょう。

洗顔をきちんと行い、また、皮脂の落としすぎに注意しながら、適度に洗顔をしたり、化粧品による化粧品を定期的に行うことで、きれいな肌の維持につなげていきましょう。


化粧水や美容液、保湿用の化粧品などを組み合わせることで、皮膚に水分を与えること、そして保湿をすることが大切です。

また、若い頃に比べて皮膚も徐々に衰えてきているため、化粧品の刺激が強すぎてしまうこともあります。

そのため、皮膚が荒れる原因になることもあるため、化粧品も自分の肌質にあったものを使うようにしましょう。

また、保湿に優れた成分などが配合されているものなどを使うのも、40代の化粧品としては重要です。

セラミドの成分が入っているものは、皮膚に対しての刺激も比較的少ないためおすすめです。

女性ホルモンを増やすための工夫を

40代の女性2

女性の更年期は40代半ばくらいから始まることが多く、それにより女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少していきます。

女性の肌は男性よりキメ細かいと言われていますが、これはエストロゲンの作用が大きく関係しています。

若さを維持するためのホルモンが分泌していけば、肌の保水力やコラーゲン生成力を低下させるのです。

つまり更年期は何もしなくても肌老化が急速に進行するわけです。

だからと言って何も対策をしないと、加速度的に肌は老化していきます。


40代になったら急にシミが気になりだしたという人は、長年にわたって浴びた紫外線が関係していると考えてください。

若いころは紫外線で受けたダメージが肌深部で眠っていますが、加齢に伴って表面に上がってくるのです。

年齢を重ねるほど肌が受けるダメージが蓄積していき、飽和したときにトラブルが発生します。

40代という年齢はコラーゲンやエラスチンも減少しやすいので、乾燥によるダメージをより受けやすいのです。

更年期は乾燥を防ぐためのケアが大切になりますから、かゆみを感じる場合は特に注意してください。

汗や皮脂によりかゆみを発生することもありますが、40代の原因で多いのは乾燥です。


更年期を元気に乗り切るためには、女性ホルモンの減少をいかに抑えるかがポイントです。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た作用があるので、1日200mlを目安に補給してください。

毎日牛乳を飲む習慣のある人は、豆乳に変えてみるといいでしょう。

豆乳には豊富なカリウムが含まれており、ナトリウムを相殺するために役立ちます。

塩分過多の人は高血圧を引き寄せやすく、動脈硬化を促進させてしまいます。

若々しく身体を維持するためには、血管の老化を抑えることが何より大切です。

豆乳はコレステロールを正常化する役割もあるので、油っぽい食事が好きな人も積極的に飲んでください。


更年期は紫外線からの耐性が低下してくるので、抗酸化ビタミンを積極的に補給しましょう。

ビタミンACEの3ビタミンは抗酸化ビタミンと呼ばれており、活性酸素を抑えるために役立ちます。

身体の不調の95%には活性酸素が関係していますから、これをいかに抑えるかが重要です。

健康維持を徹底することがエイジングケアの基本ですから、何よりもまずは健康になりましょう。

更年期を上手に乗り切るためには、食生活と運動・睡眠の3習慣を整えていくことが大切です。

健康生活は細胞を元気にし、弾力性をもたらしてくれます。

ストレス解消と身体のメンテナンスを

40代の女性3

更年期はさまざまな体調不良を引き起こし、肩こりやほてり・めまいに悩まされている人は少なくありません。

ほかにも数多くの症状がありますが、以前より体調が悪くなったと感じたら更年期の影響だと考えてよいでしょう。

不快な症状はストレスの発生源となり、慢性的なストレスを抱えてしまう人は少なくありません。

ストレスは老化を促進する要因ですから、溜め込まないことが重要になります。

ネガティブ思考よりポジティブ思考のほうが、ストレスを溜めにくいのは間違いありません。


思考は人生に多大なる影響を与えますが、同時に身体にも影響しています。

毎日ネガティブなことばかり考えていると、イライラするので自律神経にも悪影響を与えるのです。

常にイライラしたり怒りを感じたりしていると、交感神経が優位になるので睡眠の質が低下してきます。

高品質の眠りを実現するには、リラックスをすることが鍵になります。

更年期の時期はエステサロンや整体などを利用すれば、原因不明のイライラを解消できることが多いです。

人間の身体は非常に繊細であり、ひとつの不調から全身のトラブルにつながります。

不調の原因を正確に特定できればよいですが、これはプロでなければ難しいです。


40代は骨盤のズレが発生しやすく、これも体調不良の原因になっています。

骨盤は単なる骨格の一部ではなく、内臓に匹敵するほど健康状態を左右します。

規則正しい生活を徹底していても、骨盤にズレがあるだけで体調不良を引き起こすことは少なくありません。

整体院では骨盤調整ができますし、背骨の歪みなども解消してくれます。

小顔整体に対応していれば小顔マッサージにより、顔を細くすることが可能です。

顔が太くなってきた場合は水分の循環が悪化しているケースが多いです。


整体施術を受けると睡眠の質がよくなり、中途覚醒がなくなったという話は少なくありません。

更年期は睡眠の質が低下しやすく、それが肌トラブルにつながるケースが多いです。

整体は特定の疾病を治すものではなく、身体全体のバランスを調整するのが目的です。

エイジングケアをしっかり行っているのに結果が見えないという40代の人は、身体のメンテナンスの意味でも月に2回くらいの頻度で施術を受けてみましょう。

長い人生を快適に乗り切るためには癒しが必要であり、そのために筋肉と骨格を調整していきます。

体調がよくなってくると必然的に肌トラブルも起こりにくくなり、肌年齢も若返ってきます。