肌トラブルの多くは、加齢による細胞老化が原因です。

40代の女性

40代になると、それまでの肌に関する悩みが加速してきます。

シワが目立つようになり、表情を作った時にできていたシワが定着してきて、口元や頬のたるみが気になりだしてくる年代でもあります。

血行不良による悩みも増えてくるので、目の下のクマが目立ってきたり、顔色がさえなくなって全体的なくすみなども気になってきます。


40代での肌トラブルの多くは、加齢による細胞老化が原因になっています。

ですから、普段のお手入れで使う化粧水や乳液などは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの直接的な成分の他にも、細胞の老化を抑える働きのある成分が配合されているものを選びます。

こうした肌年齢を上げる作用がある成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

老化は活性酸素によって細胞にサビが生じるため…

老化は細胞にサビが生じる事で起こると言われていて、体がさびる原因とされているものが活性酸素です。

体内の活性酸素が増えてしまうと正常な細胞を攻撃し始めるので、細胞がダメージを受けてしまいさまざまな症状が発生します。

活性酸素は紫外線やタバコ、ストレスなどでも増加する傾向があり、肌に関するトラブルではシミやシワができたり、肌細胞の弾力が失われてハリがなくなり、たるんでくるといった状態になります。

肌年齢を上げる作用がある成分

40代の肌に若々しさを取り戻し、老け顔から脱却するには、抗酸化成分が配合されている化粧水を選ぶようにします。

抗酸化成分にはさまざまな種類がありますが、中でも人気が高いのはアスタキサンチン、コエンザイムQ10、プラセンタなどです。

40代のお肌のお手入れにはこれらが配合されている化粧水を活用していきます。

また、抗酸化以外にも、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど肌の弾力を高める作用があるものや水分量をキープしてくれるものが含まれていると、さらに効果が期待できるためおすすめです。

日常のお手入れ方法

日常のお手入れ方法ですが、手またはコットンに適量の化粧水を取り肌にじんわりと浸透させていきます。

力強くたたきながら化粧水を肌に押し込む付け方は皮膚に刺激を与えてしまうので、使い方としては適していません。

40代の皮膚はデリケートなので、お手入れをする時はなるべく無理な力を加えないようにやさしく化粧水をなじませてください。


乾燥が気になる時や季節の変わり目などには、コットンパックを行います。

コットンパックは洗顔後に行い、時間は3分程度にして長時間放置しないように気をつけます。

コットンパックを長く放置してしまうと反対に乾燥がひどくなったりニキビなどのトラブルを招く原因にもなるため、ケアする時間と頻度はしっかり守るようにします。

肌に優しいクレンジングと洗顔を

40代の女性2

毎日メイクと汚れをきれいに落とすことは、化粧品の基本です。

40代になっても、長年使ってきたクレンジングと洗顔料を愛用している人がいますが、年齢肌対策をするならクレンジングと洗顔料の見直しをすることがおすすめです。

40代になると、若い頃よりも皮脂の分泌量が減ってくることに加えて、皮膚のバリア機能が衰えてきます。

水分量が減ることが、しわやシミ、たるみなどの老化の原因のひとつになるのですが、内部に蓄えている水分の蒸発を防ぐために必要なふたの役割をする皮脂の量が減ってきているのに、皮脂を取り除く力が高いクレンジングや洗顔料を使い続けているとバリア機能がさらに衰えて肌が乾燥しやすくなるという訳です。


肌の表面には、角質層という自分自身を守る働きの角質細胞が何重にも並んでいます。

角質層は、乾燥や紫外線、ホコリなど外部の刺激から肌を守る大切な役割があります。

乾燥が進むと、角質細胞も乾燥して、表面がめくれあがったり、角質細胞の水分も低下して隙間ができることもあるのです。

表面にある細胞に隙間ができてしまうと、水分がどんどん蒸発して内部の水分量も低下し、内側にまで乾燥が広がっていくだけでなく、化粧水や美容液などでお手入れをしても、補給した水分を内部に届けておくことができないという状態になってしまうため、40代になったらメイクや汚れをきれいに落とすだけではなく、必要な潤いを残して優しく洗うことができるクレンジングや洗顔料を選ぶことがとても大切なのです。


刺激が少なく、肌に優しい物を選び、優しくお手入れをすることも大切なポイントです。

刺激を受けると、メラニンを過剰に作りだしたり、角質層が乱れたりしてくすみの原因になります。

洗浄力も大切ですが、刺激が少ない穏やかな成分でできており、刺激が強く不必要な成分を含まないクレンジングや洗顔料を選んで、負担を掛けないように優しくクレンジングと洗顔を行うように心がけるようにしましょう。

すすぐ時には、温度が高いとうるおいに必要な皮脂まで洗い流されやすくなるので、ぬるいと感じる程度のぬるま湯で、こすらないように丁寧にすすぐようにします。

洗顔後にタオルで水分を取るときにも、こすらないように気を付けながら、顔に垂直になるようにタオルをやさしく押し当てるようにするのが正しい方法です。

刺激を与えず、必要な皮脂や角質層を守ることが、乾燥を防ぐことにつながります。

生活習慣も大切なポイント

40代の女性3

40代の女性は、ホルモンバランスの乱れやストレスなどの影響を受けやすい年代であるとともに、私生活でも仕事でも周りから頼られて、忙しい年代でもあります。

毎日の生活を頑張っている女性が多く、いきいきと過ごしていると思いますが、体は少しずつ老化していき、日中のストレスや疲労、食生活の乱れや睡眠不足などで受けたダメージが回復しにくくなっています。


40代になったらこれまでよりも規則正しい生活を送り、食生活にも気を配ることやストレスになるような寝不足やタバコ、過度の飲酒などを避けるようにしましょう。

特に睡眠は、日中に紫外線やほこり、疲労などの影響で受けたダメージを回復するために大変重要です。

若い頃と比べると回復に時間がかかるようになっているため、少しの寝不足でも肌の調子が悪くなり回復に何日もかかるということを実感している人も多いのではないでしょうか。

寝不足になると、肌だけでなく、全身の細胞の酸化が進んだり、酸素不足に陥ったりするため、繰り返していると老化の原因となってしまいます。

しっかりと睡眠時間を確保するとともに、疲労をためないようにしたり、ストレスを上手に発散したりすることが、毎日のお手入れの効果を実感するためのポイントです。


40代になったら、肌を構成する細胞の材料になる栄養素をしっかりと補給することに加えて、細胞のサビつきの原因になる活性酸素を除去する働きがある抗酸化作用がある食べ物を意識してとることもおすすめです。

ポリフェノールやカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食べ物を積極的に取り入れるようにしましょう。

ポリフェノールは、赤ワインやチョコレート、ブルーベリーなどに含まれていることが有名ですが、バナナや春菊などもおすすめの食材です。

イチゴや柿、かんきつ類など旬のフルーツでビタミンCを、ナッツ類や鮭、カボチャなどでビタミンEをとるなど、バランスよく色々な食材を楽しみながら、無理のない範囲で抗酸化作用がある食べ物を食べるようにすると楽しみながら、きれいな肌を作ることができます。

血液や体を作るもとになるタンパク質も、積極的に食べるようにしましょう。

40代からでも細胞のサビつきを防ぎ、老化を遅らせる生活習慣を身に付けることでもともと持っている美しさをキープしたり、若々しさをキープしたりすることができるので、生活習慣の見直しも行うことがお手入れとともに大切なポイントです。