40代にもなると乾燥肌になっている方も多く、肌の潤い不足が様々な肌トラブルを引き起こしてしまっている…

40代の女性

40代ともなると、女性の肌には次々と老化の兆しが現れ始めてしまいます。

肌悩みに対応した化粧品コスメを一つ一つ加えていくと、気が付けば、かなりのアイテムを肌に塗らなければならない状態に陥り、化粧品にかかる時間と費用を負担に感じている方も少なくありません。


かといって、そのようなお手入れで、肌が満足できるレベルにまで若返っているかというと、それも疑問の残るところです。

不満に感じながらも、一つでもお手入れを省いてしまうと、今よりももっと肌が老化してしまうんじゃないかという不安感で、ただ続けているだけだという方も少なくありません。


年を重ねていくと、人の皮膚は潤いが不足していきます。

若い頃には脂っぽい肌質をしていた方でさえ、40代にもなると乾燥肌になっている方も多く、肌の潤い不足が様々な肌トラブルを引き起こしてしまっていることも多いのです。


乾燥肌は、とてもデリケートで刺激を受けやすい状態になっているので、肌のために良かれと思っていろいろなアイテムを塗り重ねていくと、それが返って逆効果となり、肌にダメージを蓄積させてしまっていることもあります。

乾燥肌には、できるだけ少ない摩擦で、十分な潤いを与えてあげることが大切なので、是非、オールインワンジェルを使ってみましょう。

近年の化粧品市場では、オールインワンコスメが大ブームとなっていますが、一つでいろいろな機能を果たすことのできる優秀なコスメで、保湿効果も抜群に期待できます。


40代女性は、仕事やプライベートに毎日忙しく、自分のお手入れさえ、落ちついてゆっくりとできない方もいらっしゃいます。

本来肌ケアは、自分の手で肌に触れつつ変化を感じ取り、心もリラックスできるものでなければなりません。

時間がない中で、時間のかかる化粧品を煩わしく感じながら行っているということは、決して肌のためにも良くありません。


オールインワンジェルなら、洗顔後の肌にたった一つつけるだけで、かなりひどい乾燥肌でもしっかりと潤わせてくれます。

肌の奥の乱れた細胞を整え、水分をたっぷりと蓄え、肌に弾力を与えてくれます。

乾燥肌に現れやすいしわやたるみも、肌の奥が潤いで満たされていくと、肌表面の溝も目立たなくさせることが出来ます。

肌の奥から吸いつくようにもっちりと潤うのに、表面はべたつかずにさっぱりとしているので、しっとり系が苦手だという方でも、気持ちよく使うことが出来ます。

40代の肌の特徴と保湿の関係

40代の女性2

30代の頃にはメイクで隠すことができていたシミやシワが徐々に増えてきて、乾燥肌になり本格的な年齢肌の悩みに直面するのが40代です。

40代になると肌の老化が顕著になり、衰えを自覚する人が増えてきます。

老化と言うと抗うことができないように思えるかもしれませんが、しわやシミ、たるみなどの大きな原因のひとつが水分不足なので、保湿をしっかりと行うことでできたばかりの乾燥小じわやシミを目立ちにくくしたり、肌全体の老化のスピードを遅らせることができます。


40代の肌の特徴のひとつが、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れてきたり、遅くなったりすることです。

何層にも細胞が重なってできている肌は、奥の方にある基底層で新しい細胞が生まれて成熟しながら上に向かって押し上げられていきます。

表面にある古い細胞は、下から新しい細胞に押されることによって自然にはがれていき、常に新しい細胞と入れ替わっていくこと我ターンオーバーの仕組みです。

40代になると、ターンオーバーが遅くなってくるため、若い頃よりも古い細胞が角質層にたまりやすく、透明感が失われていきます。

加えて細胞のひとつひとつの水分量が保てなくなり、水分不足に陥っているのでハリもうせて、光が乱反射するため透明感が無く、くすんで見えるようになってくるのです。


肌がきれいに見えるようになるためには、乾燥肌の水分不足を補いうるおいで満たすことが40代にとって大変重要です。

水分が不足してしぼんだ細胞のひとつひとつに水分をキープさせることで、ハリが生まれたり、光をきれいに反射させることができるようになります。

また、水分不足に陥った細胞は、正常な働きをすることができませんが、うるおいで満たすことによって正常な働きがよみがえり、生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーも正常化してきて若々しさをキープできるようになってくるという訳です。


水分が不足していると、表面の角質層も乱れて光を乱反射させてしまいます。

ふっくらとしたキメが整った肌は透明感がありますが、肌の表面がかさついて、キメが乱れていると光がきれいに反射できなくなるので暗い印象のくすみになるのです。

水分不足で角質層が乱れていると、肌の表面でふたの役割も果たせなくなってしまうために、内側の水分が蒸発しやすくさらに乾燥するという悪循環に陥りがちになります。

ターンオーバーが遅くなることで、過剰なメラニンを排出できなくなるため、色素が肌に残って濃くなり、シミもできやすくなるので保湿をすることはエイジングケアの第一歩と言えます。

オールインワンジェルを使いこなして透明感のあるきれいな肌に

40代の女性3

ターンオーバーが乱れ、肌の生まれ変わりがスムーズにできなくなってくる40代になると、元々の肌質にかかわらず乾燥肌に傾き、シミやシワ、たるみにくすみと年齢肌の悩みが一気に押し寄せてきます。

水分を肌にキープするセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が、若い頃と比べて減少してくることで、肌の保湿能力が低下することが原因です。


40代の肌は、保湿成分をたっぷりと含む化粧品を使って化粧品をすることが大切ですが、ホルモンバランスが乱れがちだったり、プライベートでも仕事でも頼られることが多く、忙しい年代で生活習慣の乱れに体が追い付かなかったりすることも多いのではないでしょうか。

40代の肌は刺激に弱く、乾燥や色素沈着を起こしやすいという特徴があるので、できるだけ刺激を与えずに、しっかりと保湿することがとても重要なポイントになります。


刺激をできるだけ与えないようにしながら、しっかりと保湿をすることができるのがオールインワンジェルです。

たったひとつのアイテムで、化粧水や美容液、乳液とクリームなど多くの役割を果たしてくれます。

お手入れに時間がかからないので、楽なことから人気が出ましたが、楽なだけでなく洗顔後すぐにお手入れを完了できるので、入浴後などの乾燥対策にもなりますし、保湿成分をたっぷりと含んだジェルなので40代に必要な潤いを短時間で毎日与えることができます。

シンプルに化粧水と美容液、乳液、クリームというお手入れでも4種類のアイテムを肌になることになるため、肌をこする回数がどうしても多くなりますが、オールインワンジェルならひとつのアイテムなので肌に与える刺激が少ないというメリットがあります。


最近では、保湿作用に優れた成分がたっぷりと含まれているものや美白成分やエイジングケア成分にこだわったものなどいろいろな種類のオールインワンジェルが登場しています。

ジェルなので、塗った直後は指の滑りが良く、肌に負担を掛けにくいのですが、べたつきを感じにくく、肌に吸い込まれるような使い心地です。

たっぷりの保湿成分が、乾燥した肌に水分をたっぷりとキープして、メイクのノリも良くなるために愛用者が増えてきています。

夜には保湿成分やエイジングケア成分にこだわったタイプを、朝には保湿力が高く、日焼け止めや化粧下地の機能が入っているタイプを使う事で、簡単で効果的な化粧品ができます。

オールインワンジェルは、うるおいと透明感のあるきれいな肌に簡単に近づくことができる年齢肌におすすめのアイテムです。